Diary

ミーティングスペース プロジェクター設置

オフィスのミーティングスペースへプロジェクターの設置に伺いました。

プロジェクターの選定は、使用用途や画面サイズ、投影距離などをヒヤリングし、
画面サイズが100インチ弱、ちょうど投影位置がライティングレールの中心になる、
用途的に解像度はWXGAで充分・・・とコストとの兼ね合いも含めてEPSONのEB-W05をご提案いたしました。

当初は使用する時のみテーブルに置いて使用する予定でしたが、
都度準備や位置合わせを考えると、天井に常設した方が使い勝手が良いので天吊りすることになりました。

映像ケーブルはもちろん天井裏を隠蔽配線。
オフィス案件や店舗案件は新築の住宅と違いケーブル用の先行配管を行わないケースが多く、
さらに、後期短縮や予算の都合で天井を解体しない場合や、意匠を重視するために点検口や開口がNGなケースも多いため
シンプルにプロジェクターを設置するだけでも配線経路や長さなど困難な部分が多い現状です。

今回はまさにそのケースで、隠蔽配線でほぼ1日作業でした。

プロジェクターの天吊金具は、
純正の金具だと”いかにも業務用”というごつい金具なので、
外観デザインに優れたvogel’sのEPT6525を天吊できるように加工し、
プロジェクターに合わせて樹脂パーツ部分を白く塗装しました。

投影はスクリーンではなく、
壁面にホワイトボードにもスクリーンにもなるシートを内装工事で貼り付け、そこに投影しています。

Return Top